蔵元案内

1848年(嘉永元年)、「潮干祭り」で有名な愛知県半田市亀崎にて創業された歴史ある蔵元「天埜酒造」。
その事業を継承し設立されたのが「金しゃち酒造」です。

酒造りに必要な“水”は知多半島の伏流水(軟水)を使用。製造工程の米洗い、麹(こうじ)造り、温度管理、櫂(かい)入れ、搾り等全て手作業で、一粒のお米を優しくいたわりながら作業を進め、お米の旨みを最大限に引き出した繊細な味を追求し、手間と真心をこめて酒造りを行っています。

小さな蔵だからこそできる、手間隙かけた手造りの味を、ぜひご堪能ください。