醗酵の終わった醪は搾り機にかけられ、新酒を酒粕に分離されます。金しゃち酒造では、原料米を溶かしすぎることなく、酒粕が多く出るような酒造りを行うことによって洗練された味の日本酒を醸すことを心がけています。